×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケアマネージャーのお仕事にはどんな資格がいるのか、またその試験の合格率や求人のこと。

ケアマネージャーの合格率

スポンサード リンク

ケアマネージャーというのは、一体どんなお仕事でしょうか?通常「ケアマネージャー」と呼ばれるこの資格の正式名称は、正しくは「介護支援専門員」といいます。「介護保険法」(2000年4月から施行されている)に定められている公的な資格です。ケアマネージャーの資格取得のためには、「介護支援専門員(ケアマネージャー)実務研修受講試験」に合格することが前提となり、合格したらその後に、ケアマネージャーになるために必要な「実務研修」をうけることが出来ます。実務研修受講試験の合格者は、「介護支援専門員実務研修」を終了してはじめてケアマネージャーとしての資格を取得することが出来ます。最近はケアマネージャーの合格率が下がっています。

求人にも強くなる!ケアマネージャー

介護ビジネスの発展と、その多様化は、ここ数年だけでも、急速なスピードで変化し、前進を続けています。高齢化社会に対応するためにはより一層の人材の確保と育成が必要です。中でもケアマネージャーの存在は介護ビジネスのセッター的役割を果たすために、今後さらにニーズが増えることは必至だと言えるでしょう。ケアマネージャーの正式名称は、「介護支援専門員」で、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、「介護支援専門員実務研修」の修了した人がが実際に資格を取得し、実際に現場でケアマネージャーとして働くことが出来ます。福祉や介護ビジネスの競争も凄まじく、どの現場も生き残りをかけいるため、さまざまなサービスの提案が必要です。ケアマネージャーの手腕がその実現を左右しますから、求人やお給料にも相当の差が生まれます。

求められるケアマネージャーのパフォーマンス

激化する介護・福祉ビジネスのサービス競争においては、ケアマネージャーに求められるパフォーマンスは今後も更にレベルの高いものになっていくでしょう。最近のケアマネージャーの試験の合格率は下がり続けています。ケアマネージャーの就業環境はまだまだ発展途上であり、決して良いものではないようです。少子高齢化が進み、要介護者が増えていく中で、ケアマネージャーはサービスの調整をしながらケアプランを組み、利用者の環境と心情を考慮して管理しなければなりません。それだけの内容でありながら、お給料にはバラツキがあり、そればかりか正規雇用のチャンスもまだまだ少ないのが現状です。高齢化社会に対応するには、まずケアマネージャーの環境をよくすることが大事です。